2018/07/13

木越洋さん着用のタキシードについて

猛暑のような暑さが続きますね。
各地で続々と海開きもあり本格的な夏到来です。

先日行いましたチェリストの木越洋さん、ピアニストの木越聰子さんによるアトリエコンサート、本当に素晴らしかったです。
アトリエコンサートでは弊社で仕立てたタキシードをご着用頂きました。
以前仕上りのブログをアップしましたが、このタキシードについて船橋の解説を紹介致します。



今回のアトリエ コンサートはチェロリストの木越洋さんのお陰で無事開催することが出来ました。
当日着用されていた木越さんのタキシードは、我々サルトリアイプシロンのジャッカカミーチャ仕様でお作り致しました。

形を保つ為の硬い芯が入る事により、重さとストレスを感じる従来のタキシードとは全く正反対のこの仕様は、繊細な肉体労働を強いられる演奏家の方々には正にうってつけだと感じております。

仮縫いの際、木越さんは「私はタキシードのボタンは掛けないで演奏してます」と仰いました。
「何故ボタンを掛けず演奏されるのですか」とお聞きしたところ、ボタンを掛けるとジャケットが演奏の邪魔になるからとの事でした。
ところが私たちのタキシードを着用したアトリエコンサートではボタンは掛けられたままで、
弾いている姿も、立ち姿も、とてもエレガントでした。

私の提唱するバランス理論によるジャケット作りは、重さとストレスを省き、着ている事を感じさせません。

この体験は着用されている御本人が最も強く感じられるのです。


船橋幸彦




 仮縫いの様子



アトリエコンサートでの様子。

本番の演奏中もジャケットは首の後ろに襟が乗り、ブレることなくバランスを保っておりました。
横の席から見ていたあるお客様は終演後、演奏も然ることながらジャケットのブレなさに感動したという感想を仰っていただき、こちらも嬉しく思った次第です。

木越さんからも演奏後にジャケットの着心地について、全くストレスが無く軽いという感想をいただき、誠に光栄でした。

また演奏の機会がございましたら、ぜひ皆様に素晴らしいチェロの演奏と弊社のバランス理論を体感して頂きたく存じます。




サルトリアイプシロン Sartoria Ypsilon

東京都中央区日本橋本町4-7-2 ニュー小林ビル3階

03-6225-2257

info@sartoriaypsilon.jp




2018/07/01

6月度アトリエコンサート

梅雨が明け夏が一気に近づいて参りましたね。

昨日開催致しましたアトリエコンサート、大変盛況でしたね。
今回はチェロの演奏でしたので、私共も非常に楽しみにしておりました。
オーケストラでは和音の低音部分や伴奏部隊として活躍する楽器ですが、ソロでは味わいが変わり深みのある音色の良さが、ご来場の皆様にも伝わったなら幸いです。
ではまず、再度プログラムとプロフィールをご紹介致します。




・プログラム
<チェロ独奏>
バッハ 無伴奏チェロ組曲 第1曲
<ピアノ伴奏>
組曲/クープラン
愛の挨拶/エルガー
シシリアーノ/天国のマリアテレジア
ロマンス/シューマン
白鳥/サン・サーンス


・プロフィール
木越洋
1975年日本音楽コンクール第2位、1977年桐朋学園大学ディプロマ修了後、新日本フィルハーモニー交響楽団主席に就任。
1978年文化庁在外芸術研究員として2年間ミュンヘン音楽大学に留学、ワルター・ノータスに師事する。
ミュンヘン国際音楽コンクール入賞、ジュネーヴ国際音楽コンクール・ディプロマ賞など数々の賞を受賞。
1981年に帰国し同年4月1日にNHK交響楽団主席演奏者として入団、以来20年に渡り主席奏者として数々の名演を共にする。
洗足音楽学園大学教授、桐朋学園大学、東京芸術大学非常勤講師。
現在ではバッハの無伴奏チェロ組曲演奏会など演奏活動も精力的に行っている。

木越聰子
桐朋学園高校、桐朋学園大学にて小川京子氏、ピヒト・アクセンフェルト氏、S・シェボック氏に師事。
卒業後、ウィーン国立アカデミー音楽大学夏期セミナーにて特別賞受賞、その後同大学に入学。
ザイドルホーファー氏に師事、研鑽を積む。
繊細で美しい音色と豊かな音楽性を兼ね備え、無限の広がりを感じさせる演奏家である。
特にウィーン風の音楽には定評がある。




バッハの無伴奏チェロ組曲は様々な媒体で使われているので有名な楽曲ですね。
最近では竹内裕子さんが演じていた女性現代版シャーロック・ホームズでも、シャーロックがチェロでこの曲を弾いている姿が度々映っていました。
シャーロック・ホームズと言えばヴァイオリンですが、女性設定にする上でチェロに置き換えたようです。

今回木越さんが使用したチェロは明るく、柔らかい音色でしたね。
個人的に持っていた少し哀愁のある音色イメージと真逆でしたので、バッハ演奏中に控えていた奥様に楽器について伺った所、『今使ってるのは無名だけど明るくて健康的な音が出るとても良い楽器』との事ですが、木越さんからすると『じゃじゃ馬』だそうです。
弦楽器は気候により楽器の状態も変わりますし、その上じゃじゃ馬な楽器となると思うようにいかない事もあるかもしれませんが、そういった所も楽しみながら演奏されているように見受けられました。
長年チェロを演奏し続けた木越さんだからこその楽しみ方なのでしょうね。





クープランから奥様のピアノ伴奏が入りますが、音域が似ている楽器同士にも拘わらずピアノがチェロを支え、チェロが自由に演奏する様子が、普段のご夫婦そのもののようで聴いていてとても心地よい場でした。
奥様も名のある先生方の師事を受けた方で演奏も素晴らしく、何よりもピアノの音色が普段聴いている音と違い柔らかくなっていた様に思えます。
弊社のピアノの性質を素早くとらえて演奏に反映させるお姿が、木越さん同様極めた方々の感覚の鋭さに感銘を受けました。
お2人にまた演奏して頂けたら幸いです。


さて次回のアトリエコンサートは9月下旬を予定しております。
少し間が空きますが、また癒しの場を提供できるようこちらも準備致しますので楽しみにして頂けたらと思います。
詳細が決まりましたらブログにてご報告いたします。


サルトリアイプシロン Sartoria Ypsilon

東京都中央区日本橋本町4-7-2 ニュー小林ビル3階

03-6225-2257

2018/06/02

アトリエコンサート6月度開催

相変わらず暑い日々が続いておりでますね。
梅雨より先に夏が来たようです。

6月のアトリエコンサートの詳細をお知らせです。
今回はチェリストの木越洋さんをお招きして開催致します。
オペラ以外の演奏は初めての試みですが、バロック音楽に始まり19世紀ごろの曲まで幅広く演奏して下さるそうなので今からとても楽しみです。


YPSILON ATELIER CONCERT
開催日: 6月30日(土)
開場 : 16:30 ~
開演 : 17:00
会場 : サルトリアイプシロン
チケット代:2,000円
お問い合わせ: ypsilonconcert.tokyo@air.ocn.ne.jp
                     03-6225-2257
*ご来観にあたりお電話、メールにてご予約をお願い致します。
 まれに返信メールが迷惑メールボックスに届く場合がございます。
 返信メールが届かない場合、迷惑メールボックス、フィルターの確認をお願い致します。


今回は初の土曜開催です。
いつもと違い開演時間が変わりますのでお気を付け下さいませ。
では木越さんのご紹介です。




木越洋
静岡県出身。
1975年日本音楽コンクール第2位、1977年桐朋学園大学ディプロマ修了後、新日本フィルハーモニー交響楽団主席に就任。
1978年文化庁在外芸術研究員として2年間ミュンヘン音楽大学に留学、ワルター・ノータスに師事する。
ミュンヘン国際音楽コンクール入賞、ジュネーヴ国際音楽コンクール・ディプロマ賞など数々の賞を受賞。
1981年に帰国し同年4月1日にNHK交響楽団主席演奏者として入団、以来20年に渡り主席奏者として数々の名演を共にする。
洗足音楽学園大学教授、桐朋学園大学、東京芸術大学非常勤講師。
現在ではバッハの無伴奏チェロ組曲演奏会など演奏活動も精力的に行っている。

こちらはタキシードの仮縫い風景です。
当日はこのタキシード姿で演奏して下さるようです。


木越さんはバッハの無伴奏演奏会を毎年行っており、このアトリエコンサートでも無伴奏チェロ組曲を披露して下さるそうです。
当日プログラムを木越さんから頂きましたのでそのままお伝えいたします。


プログラム

チェロ独奏
バッハ 無伴奏チェロ組曲 第1曲
ピアノ伴奏
組曲/クープラン
愛の挨拶/エルガー
シシリアーノ/天国のマリアテレジア
ロマンス/シューマン
白鳥/サン・サーンス


シシリアーノは恐らくシシリエンヌやシチリア―ナといったシチリア島起源の舞曲の事です。
以前フォーレの演奏をした際も曲目がシシリアーノとなっていたので木越さん独自の訳し方なのでしょうね。
今回はマリア・テレジア・フォン・パラディスが作曲したシシリアーノを演奏して下さるようです。
当日は奥様がピアノ伴奏を行いますのでご夫婦の息の合った演奏を楽しみに当日を待ちましょう。



サルトリアイプシロン Sartoria Ypsilon

東京都中央区日本橋本町4-7-2 ニュー小林ビル3階

03-6225-2257


2018/05/14

5月度アトリエコンサートのご報告

梅雨に入りまた肌寒くなってまいりましたね。
早く夏が来てほしいものです。

5月11日にアトリエコンサートを行いました。
今回で4度目の開催です。
お越し頂いた皆様、出演者の皆様ありがとうございます。
中には毎回お越し頂く方もおりとても嬉しい限りでございます。


今回はソプラノ山本彩恵子さん、カウンターテナーの新田壮人さん、ピアニスト齋藤亜都沙さんをお迎えして開催致しました。
以前ブログにてプロフィールをご紹介しましたのでこちらもご覧ください。


またカウンターテナーについて新田さんの言葉を借りてブログでもご説明致しました。
ソプラノの山本さん曰く、
彼はテノールも歌えるのでテノールとして生きていく道もあったはずなのにカウンターテナーとしてやっていく決心をした。
並大抵の覚悟ではできない事だからこそ、責任感もあるしとても頼れる歌い手の一人だと仰っておりました。
山本さんもとても実力のある方ですしお2人が信頼し合っているからこそ今回の演奏があるのだと感じた言葉でした。
また聞きたいと思わせる歌い手たちでした。






では今回のプログラムをご紹介致します。

・すてきな春に/小林秀雄作曲
・ひばり/木下牧子作曲
・くちなし/高田三郎作曲
・マノン・レスコー 間奏曲/G・プッチーニ作曲
・オペラ『ポッペアの戴冠』より
 ただあなただけを見つめて/C・モンテヴェルディ作曲
・オペラ『タメルラーノ』より
 愛するいとしい人は私を軽蔑するけれども/G・F・ヘンデル作曲
・オペラ『ランメルモールのルチア』より
 あたりは静けさに包まれ/G・ドニゼッティ作曲







前回開催で3種のアヴェ・マリアを歌って頂きましたがその中に『エレンの歌3番』、シューベルトのアヴェ・マリアがありました。
これはウォルター・スコットの叙情詩『湖上の美人』から引用して歌詞が出来ましたが、ウォルター・スコット原作のオペラが今回のプログラムの中にもあります。
それは悲劇『ランメルモールのルチア』です。

ウォルター・スコットの『ラマムアの花嫁』を原作としてドニゼッティが作曲を致しました。
実際に起こった政略結婚を元に書かれた小説ですが、ヒロインが情緒不安定になり花婿を刺し、自分も死ぬという結末で、このオペラは『狂乱オペラ』の1つとされております。
最後にヒロインの精神異常を表す見せ場があるのですが、今回1幕の楽曲『あたりは静けさに包まれ』(あたりは沈黙にとざされとも言う)を演奏して頂きました。
当時のイタリアの政情不安定な世相が反映されてこのような恐怖や狂乱なオペラが流行ったそうです。

ドニゼッティは19世紀前半のイタリアオペラ界では人気のある作曲家だったので楽曲も豊富ですし、2月開催の際に喜劇『愛の妙薬』から『なんという愛』を演奏して頂きました。
こちらもとても素敵な楽曲でした。
『あたりは静けさに包まれ』はピアノの不穏な雰囲気と歌い手達の最後の掛け合いが素晴らしく、山本さんの透き通っていて軽やかな声に、新田さんの明るくも力強い声が重なりとても美しいハーモニーで思わず仕事を忘れ聞き入ってしまう程でしたね。






また、コーヒーの出店もありました。
回を重ねるごとにこのアトリエコンサートも進化を遂げております。






こちコーヒー販売でいらしたTAIRA ROASTERYのお2人は隔週で弊社近くのカフェレストランUNOで豆の焙煎、販売を行っております。
船橋も2人の焙煎した豆を気に入っているようで、家ではドリップで飲んでいるそうですよ。
焙煎日はインスタグラムで案内しているのでお近くにいらした際はぜひチェックしてみて下さい。


TAIRA ROASTERYの松川さん(左)平良さん(右)


松川さんは自身のフェイスブックにコンサートの感想も投稿されております。
よろしければこちらもご覧ください。

TAIRA ROASTERYインスタグラム
https://www.instagram.com/tairaroastery/

松川さんFB
https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=192590931364818&id=100018417368252


次回は6月30日に開催予定でチェリストをお呼びして演奏頂く予定です。
近々ブログにてご案内致しますのでどうぞお楽しみに。






サルトリアイプシロン Sartoria Ypsilon

東京都中央区日本橋本町4-7-2 ニュー小林ビル3階

03-6225-2257

2018/05/01

お仕立て上がり フレスコジャケット

GWです。
天気も良くお出掛け日和が続いておりますね。
弊社サルトリアイプシロンはGW中も変わらず営業致しております。

今回はフレスコ地ジャケットとグレーズボンのお仕立て上がりのご紹介です。

ただ、ジャケットのお渡し自体は3月でしたので1ヶ月程御着用頂いており、替えズボンの出来上がりのタイミングで今回撮影させていただきました。



ハーディ―ミニス フレスコライト ネイビーブルージャケット
葛利毛織 ”DOMINX”サマーウール グレースラックス

英国ハダースフィールド社のブランド”ハーディ・ミニス”より、フレスコシリーズの中でも軽めの素材である「フレスコ・ライト」のネイビーブルーをお選び頂きました。フレスコという名からも分かる通り、生地自体はマーチンソン社が織っているフレスコです。

軽めといっても280gm/mですのである程度の重さはありつつ、強撚糸で織られた生地はハリがあり、風通しも良いので湿気の出てくる今時期から秋まで本当に使い勝手の良い素材です。色数もかなりたくさんありますので、必ずお探しの一着が見つかるシリーズです。
芯は1枚だけ薄手の毛芯を入れ、パット無し、裏地は背抜きにしている夏仕様のジャッカカミーチャでお仕立てしました。

ズボンは、この春夏当店でブレイクしております一宮の葛利毛織"DOMINX"から、234gm/mのサマーウール生地です。軽く、反発力がありシワになり難いです。固く反発力のある生地は多々ありますが、柔らかくフワッとしていて反発力のある生地というのはなかなか珍しいのではないでしょうか。低速織機で丁寧に織られた生地ならではかと思います。

明るめのネイビージャケットにグレーズボンという定番の組み合わせですが、一番重宝する上下でもあり、だからこそ素材と着心地に拘ったご自身だけの一着を揃えたいものですね。

M様有り難うございました!またのご来店をお待ち致しております!



サルトリアイプシロン Sartoria Ypsilon

東京都中央区日本橋本町4-7-2 ニュー小林ビル3階

03-6225-2257

info@sartoriaypsilon.jp





2018/04/27

カウンターテナーについて

ここ最近は暑い日が続いておりますね。

アトリエコンサートの準備が着々と進んでおります。
以前のブログでも開催のお知らせを致しましたが、今回いらっしゃる新田壮人さんは男性が女性の音域を歌うカウンターテナーとして活動しております。
男性歌手のパートの中でもカウンターテナーは数少ない存在ですので、これを機に少し解説をして頂きました。


新田さんによる解説

カウンターテナーとはバロック以前の中世のヨーロッパ、この時代の女性は教会や舞台で歌うことを禁じられておりました。
しかし、教会では聖歌隊による演奏が盛んだったため、ソプラノ・アルトを女性の代わりにカウンターテナーが担当するようになった、これがカウンターテナーの発祥です。
時代によっては廃れた時もあったが、イギリスでは伝統的にカウンターテナーを守ってきました。

日本ではずっと知られていませんでしたが、ジブリ映画「もののけ姫」の主題歌を世界的に活躍していたカウンターテナーの米良美一さんが歌ったことにより全国にカウンターテナーの存在が広がりました。

声の特徴としては、変声期始まっていない子供のボーイソプラノとは違い、芯のある声です。
カウンターテナーにも色々種類があり一般的な特徴をひとつにしていうのは難しいのですが、私はどちらかといえば芯があり力強い声だと思っております。

発声法として男声ではよく使われる胸声区と女性でよく使われる頭声区をミックスさせます。
それにより女性より芯があり力強く、男性より滑らかな声になります。

新田正人




中世ヨーロッパでは女性は『教会では沈黙を保つべし』とされていたため、男性のみで聖歌隊が編成されておりました。
ボーイソプラノですと体力や表現力が乏しい為、成人男性が歌うカウンターテナーやソプラニスタが起用されていたのですね。
新田さん分かり易く解説頂きありがとうございます。
コンサートの空きもまだ少しございますので是非お越し下さい。


YPSILON ATELIER CONCERT
開催日: 5月11日(金)
開場 : 18:30 ~
開演 : 19:00
会場 : サルトリアイプシロン
チケット代:2,000円
お問い合わせ: ypsilonconcert.tokyo@air.ocn.ne.jp
03-6225-2257
*ご来観にあたりお電話、メールにてご予約をお願い致します。
 まれに返信メールが迷惑メールボックスに届く場合がございます。
 返信メールが届かない場合、迷惑メールボックス、フィルターの確認をお願い致します。




サルトリアイプシロン Sartoria Ypsilon

東京都中央区日本橋本町4-7-2 ニュー小林ビル3階

03-6225-2257



2018/04/21

寺子屋 ジャケット完成

初夏の暑さですね。
カラッとしていてとても気持ち良いです。

先日、我々が毎月2回づつ行っている縫製教室「Scuola di Sartoria Ypsilon」の受講生のお一人がジャケットを完成させましたので、ご紹介致します。



御着用になられているのは生徒さんの旦那様です。
ちなみに穿かれているパンツは以前パンツ教室の際に作られたもので、同生地でジャケットを作り、見事スーツとして完成致しました。
奥様が旦那様にスーツを仕立てるなんて素敵ですね。


ラペルの雰囲気などのデザイン部分は我々と生徒さんとで相談して決めましたが、やはり御着用の旦那さんの雰囲気にバッチリ合っております。

しかも仕立てるのが難しい芯1枚仕立てのジャッカカミーチャに挑戦しましたが、なかなかの出来映えです。
1番難しい袖付けなんかもこちらがほぼ手伝うことなくクリアしておりました。
お疲れ様でした。

こちらも出来上がった時は嬉しい限りでしたが、生徒さん以上に出来上がりを初めて着た旦那様が一番感激していたのは言うまでもありません。


このように、サルトリアイプシロンでは毎月第2、第4土日に縫製教室を開催しております。
現在ジャケットの授業は定員に達しておりますが、パンツ教室は数名空きがございます。
1人1人のペースで個々に指導していくタイプの教室です。
全く針を握った事が無いけど仕立てに興味があるという方でも問題ありませんので、やってみたいという方は是非ご連絡下さいませ。

詳細はこちらをお読みください→ スクォ―ラ・ディ・サルトリアイプシロン 寺子屋PDF
※現在、土曜日教室の方も日曜日教室と同様15時-19時となっております。ご注意下さい。