2018/10/12

楽器紹介

先日の暑さと一転して肌寒くなりましたね。

先日ご紹介した出演者の久保田さん(ハープ)、中村さん(リュート)のお2人に楽器紹介のコメントと参考資料を頂きましたのでご覧下さい。



楽器紹介



久保田潤子
ゴシックハープについて
ハープは、最も古い楽器の一つと言われ、国や時代によって様々なバリエーションがあります。
このゴシックハープ(下部写真)は、1500年前後のヨーロッパ絵画をモデルにし、スイスで作られたものです。スリムなボディと残響の少ない柔らかな音色が特徴です。


また、ブレイピンを利用し弦に「さわり」をつけることにより、ノイズの混ざった独特な音を出すこともできます。
弦の本数は26本で、レバーもペダルも無いシンプルな構造です。半音を出すときは、左手で弦を押さえ、弦長を短くしながら演奏します。


ゴシックハープ
プロフィール写真でお持ちになっているハープもゴシックハープです。
現代のハープは足元のペダルで半音上げるなど音を変える事ができますが古楽器はテクニックを駆使して演奏するのですね。
大きさも音も様々な種類があるため、今回使用する楽器の音色が楽しみですね。





金井隆之
ルネサンス・リュートについて
日本の琵琶と同じ起源を持つ楽器で姿形もよく似ていますが、大きく違うのは指で弾く点です。
中世からバロックの時代によく使われた楽器ですが、バロック以降は廃れてしまいます。古い楽器の宿命ともいうべきか、音量はあまりありませんが、優しい音を持っています。

時代や用途によりその大きさも、またコース(≒)の数も様々ですが、今回使用する楽器は10コース19弦で、ルネサンス・リュートの中では一番弦の本数が多い楽器と言えます。こうした歴史に埋もれた楽器を復活させたイギリスの「ドルメッチ」という方の工房で作られた楽器で、演奏する僕自身よりずっと年寄り(’61年生まれ)です。


リュート
リュートの前身である楽器がヨーロッパへ渡たりルネサンス期に改良されこの形になったとの事です。
ルネサンス期に流行したのでその後のバロック期の絵画(イタリアのカラヴァッジオやオランダのフェルメールなど)でも良く見かけますね。
「天使の楽器」とも呼ばれている楽器が間近で聴けるとはとても貴重な機会ですね。



YPSILON ATELIER CONCERT
開催日: 10月26日(金)
開場 : 18:30 ~
開演 : 19:00
会場 : サルトリアイプシロン
チケット代:2,000円
お問い合わせ: ypsilonconcert.tokyo@air.ocn.ne.jp
       03-6225-2257
*ご来観にあたりお電話、メールにてご予約をお願い致します。
まれに返信メールが迷惑メールボックスに届く場合がございます。
返信メールが届かない場合、迷惑メールボックス、フィルターの確認をお願い致します。



洋服も楽器も時代を経て、時には改良され現代に伝わっていると思うと感慨深いものがありますね。
船橋もバロック音楽が好きで今回のコンサートを心待ちにしているようですので、是非皆さんと楽しい時を過ごせたらと思います。
今年最後のアトリエコンサートですので、皆様お誘いの上お越し下さいませ。






サルトリアイプシロン Sartoria Ypsilon

東京都中央区日本橋本町4-7-2 ニュー小林ビル3階

03-6225-2257


2018/10/07

10月のアトリエコンサート

昨日に引き続き暑い1日となりそうですね。
今年は衣替えのタイミングが難しいです。

今月のアトリエコンサートのご案内です。
今年最後となる10月のアトリエコンサートではバロック音楽をお届け致します。
いらっしゃる演奏家の皆さんは楽器と声楽両方をこなす方々で、そこにテノール歌手の方を入れた4名でご出演頂けます。

今回お持ちになる楽器はリュート、ハープ、ギターで、リュートは古楽器と言われるもののひとつです。
現代では弾きやすくするため様々な改良が施されておりますが改良される前の古い様式で作られているものを古楽器と言い、弾きこなす為に高いテクニックが必要となります。
ハープとギターも古楽器を用いる予定ですが現在検討中との事で、使用楽器が決まりましたらブログにてご紹介致しますのでぜひご覧下さい。


YPSILON ATELIER CONCERT
開催日: 10月26日(金)
開場 : 18:30 ~
開演 : 19:00
会場 : サルトリアイプシロン
チケット代:2,000円
お問い合わせ: ypsilonconcert.tokyo@air.ocn.ne.jp
       03-6225-2257
*ご来観にあたりお電話、メールにてご予約をお願い致します。
まれに返信メールが迷惑メールボックスに届く場合がございます。
返信メールが届かない場合、迷惑メールボックス、フィルターの確認をお願い致します。


出演者の紹介


久保田潤子:ソプラノ、ゴシックハープ
東京学芸大学卒業。
声楽を大島洋子、牧野正人、クラウディオ・カヴィーナの各氏に師事。
ミラノ市立音楽院古楽科にて、声楽、室内楽、中世音楽理論、ルネッサンス対位法、通奏低音などを学ぶ一方、マーラ・ガラッシ氏のもとでヒストリカルハープの研鑽を積む。
現在は歌とハープによるアンサンブル活動を精力的に行っている。
日本イタリア古楽協会、町田シティオペラ協会ソリスト会員。
宮地楽器音楽教室声楽講師。





金井隆之:テノール、ギター
声楽家としてMozart Academy Tokyoに所属の他、東京混声合唱団や二期会等の公演に参加。
また、ギタリストとして様々なジャンルの歌い手と共演する他、バロックギター等の古楽器を用いて多くの古楽アンサンブルに参加。
日比谷高校、国立音楽大学卒業。
東邦音楽大学総合芸術研究所修了。アコースティック・デュオ「ゆるアコ」として2014千代田芸術祭渋谷毅賞受賞。




中村康紀 :テノール、リュート
埼玉大学教育学部小学校音楽専修卒業、東京芸術大学音楽学部声楽科卒業。
テノール・ソリストとしてモーツァルト『戴冠ミサ』等に出演する一方、特にイタリア・ルネサンス音楽に傾倒、Concerto Sotto l'AlberoSestetto Vocale、モンテヴェルディ倶楽部、incontro等様々なアンサンブル団体で活動。
また、イタリア詩の翻訳、オペラのリブレットの全訳、字幕作成等も行いリュートを奏する。




松浦 諒:テノール
東京芸術大学音楽学部声楽科卒業。
声楽を鈴木寛一、吉田浩之、藤田昌克、和泉純子、三村好子、原田圭の各氏に師事。 
ヘンデル作曲「メサイア」シューベルト作曲「ト長調ミサ曲」等のソリストを務める。 
各種公演のステージマネージャーや音楽番組の制作事務を務めるなど舞台制作に取り組む。
http://matsuura.officialpage.jp/


古楽器を間近で観られる機会はあまりないため、今から期待が高まりますね。

冒頭でもお伝えしましたが、今年最後のコンサートですので皆様ぜひお誘いの上お越し下さいませ。



サルトリアイプシロン Sartoria Ypsilon

東京都中央区日本橋本町4-7-2 ニュー小林ビル3階

03-6225-2257

2018/10/06

タキシード用シャツのお仕立てお仕上り

台風の影響で夏の様な暑さです。
半袖を着るべきか悩みますね。

本日は、久々にお仕立てお仕上りのブログです。
インスタグラムでは既に写真をあげておりますが、フォーマルシャツが完成致しましたのでご紹介です。
所謂立衿イカ胸シャツですね。



全体です。
イカ胸部分を長くし、カーブの部分は着用時に隠れるようになっております。


シャツと同じくタキシード用のパンツ。
こちらも一緒にオーダーを頂いたものです。


着用姿です。
先程のパンツと合わせて着用するとよりフォーマルな雰囲気があり格好いいですね。



今回はイカ胸部分に4mmのピンタックを施し、カフスもウイング・カフスやウイング・ド・カフスと呼ばれる形のダブルカフスの仕様です。
ピンタックの縫い方は様々ありますが、今回は以下の写真の様に生地の縦糸を1~2本抜きタックの案内線を作りミシンを掛けていく方法で仕上げております。



裁ち端から1、2本糸をつまみ引き出します。
細い線ができるのでアイロンで折りミシンをかけていきます。


タックを寄せた後裁断し身頃に乗せミシンで叩いて完了です。
フォーマルなので前立てを比翼で仕上げて身頃のパーツが完成します。



こういったフォーマルはもちろん、秋冬ですとフランネルシャツなどカジュアルシャツのオーダーもございます。
様々なディティールがございますので、デザインのご要望などスタッフにご相談下さいませ。



サルトリアイプシロン Sartoria Ypsilon

東京都中央区日本橋本町4-7-2 ニュー小林ビル3階

03-6225-2257

info@sartoriaypsilon.jp

2018/10/01

9月のアトリエコンサートのご報告

台風接近で雨が続きますね。
気温も急に寒くなってまいりました。
今日は暖かいですが、そろそろ秋冬の洋服が丁度いい季節ですね。


この度6回目となる9月のアトリエコンサート、無事に迎えることができました。
いつもいらっしゃる皆様のおかげです、ありがとうございます。

前回のブログでもご案内致しましたが、今回はソプラノ2名、ピアノ1名をお呼びして演奏会を行いました。
オペラでは男女の掛け合いの歌が多く、ソプラノ同士の曲は少ない為とても貴重な機会を設けて頂きました。
またピアノも今回初めて男性のピアニストでしたので、どのような演奏をなさるか楽しみでもありました。

また第1回のアトリエコンサートに出演して頂いたテノール歌手の前川健生さんが司会をしてくださいました。
お忙しい中ご協力頂きありがとうございます。
今回出演のソプラノ歌手の田崎さん、舟橋さん、ピアニストの松田さんはそれぞれ普段から親交があるようで、お互いを熟知しているという空気が伝わって参りました。


プログラム
トスカーナのセレナーデ  / G.フォーレ作曲

『連隊の娘』より  "フランスに敬礼!" / G.ドニゼッティ作曲

『ジャンニ・スキッキ』より  “私の優しいお父さま” / G.プッチーニ作曲

『イル・トロヴァトーレ』より  “ある穏やかな夜のこと” / G.ヴェルディ作曲

愛の悲しみ / クライスラー=ラフマニノフ作曲

『ノルマ』より  "ああ、あなたと一緒に" / V.ベッリーニ作曲


トスカーナのセレナーデ 、『連隊の娘』より  "フランスに敬礼!"

『ジャンニ・スキッキ』より  “私の優しいお父さま”、『イル・トロヴァトーレ』より  “ある穏やかな夜のこと


ラフマニノフ作曲 愛の悲しみ


ピアノソロで弾いてい頂いたセルゲイ・ラフマニノフの愛の悲しみ。
ラフマニノフの曲はテクニックを要するものが多く、この曲ももちろん上級者向けでございます。
ヴァイオリンとピアノの為に書かれたフリッツ・クライスラーの『愛の悲しみ』をピアノ独奏のためにラフマニノフが編曲したもので、細かい音符の連なりに圧倒されますが、柔らかなタッチで軽々と弾きこなされておりました。
澄んだピアノの音色と晴れた秋夜の空気がとても合っており会場の皆さんも聞き入っている様子が伺えました。



『ノルマ』より  "ああ、あなたと一緒に"





最後の曲ヴィンチェンツォ・ベッリーニ作曲、オペラ『ノルマ』の”ああ、あなたと一緒”(Deh ! Con te)にはソプラノ2重唱では定番の1つとされております。
ベッリーニのこの曲は旋律がとても美しく掛け合いの和音も聴いていて心地いのですが、長いフレーズと細かいリズムで低い音から高い音へと小刻みに歌い上げていく難しい曲でもあります。
友情を確かめ合うこの曲を見事に歌いあげるお2人の様子に高い技術と深い感性を感じましたね。
特にお2人が一緒に歌う場面では明るく柔らかい心地に浸る事ができました。




最後のアンコールでは前川さんも加わり3人で歌って頂きました。
皆様ありがとうございます。
また是非演奏して頂きたいですね。




今回もTAIRA ROASTERYの平良さんにコーヒーの出店をして下さいました。
いつもおいしいコーヒーをありがとうございます。
サルトリアイプシロンの向かいにあるBAR UNOにて隔週で焙煎を行っておりますのでご興味のある方は平良さんのインスタグラムにて焙煎日をチェックしてみてください。
TAIRA ROASTERYインスタグラム
https://www.instagram.com/tairaroastery/


そして今回はオーガニックコットンを扱っているブランドLiv:ra(リブラ)の方々もいらっしゃいました。
ワンピースや、下着など女性用の衣類が主ですが、男性用のTシャツや靴下もございますのでこちらもご覧になってみて下さい。
リブラの皆様も出店ありがとうございます。
Liv:ra HP


次回のアトリエコンサートの開催は10月下旬を予定しております。
楽器を用いたバロック音楽をお届けできればと思います。
もしかしたら、珍しい楽器を使用するかもしれないとの事で楽しみですね。





サルトリアイプシロン Sartoria Ypsilon

東京都中央区日本橋本町4-7-2 ニュー小林ビル3階

03-6225-2257